logo
logo

HIBIKI Column

HIBIKI column vol.12

ここは世界でも有数の石油の国。 今回のギャランティーは“ガロン”で支給かな(笑) ここ最近、意外な国からの依頼が多い。 そして彼らは非常に「日本」という国にあこ […]

  

HIBIKI column vol.11

この数年でフットワーク軽くなったなぁ。 しみじみ思う。 まるで他県に行くように、私は国を跨ぐ。 刺激を求めて。 それを見てM男はファンタジーを描く。 ここはとあ […]

  

HIBIKI column vol.10

今回のストーリーはこうだ。 毛皮を身にまとった女が、隣に座った男をナンパする。 下心満々の男は、そのまま女の部屋へ行く。 女は、私と何がしたいかを聞き、そして自 […]

  

HIBIKI column vol.9

1人の為だろうと大勢の為だろうと時間と条件が合えば何処でもいく。 それは決してお金ではなくて。 ホテルに到着すると、私は部屋中の収納を全てチェックする。 そして […]

  

HIBIKI column vol.8

さてさて、アブソルトは11年目を迎え、今年のイベントはプレイパーティーをまたやることにしました。 去年と同じじゃないか!!なんて聞こえてきそうですが、発想を怠っ […]

  

HIBIKI column vol.7

傍らで上海からの電話が鳴っている。 それを無視しながら私はこのコラムを書いている。 私がこれを書き続けるのは、同業の方達に少しでも「続ける」ことの楽しさを知って […]

  

HIBIKI column vol.6

昔あったよね?「死ぬまでにしたい10の事柄」って本がさ。 余命2か月と宣告されたら、あなたは何をする? いや、そのリストに自分の名前が入っていたら、君は何を思う […]

  

HIBIKI column vol.5

広い窓から見える景色はまだ暗く、私は背の高い椅子に腰かけ、その国の名産であるアップルマンゴーを朝食に食べていた。 一点を見つめ、その右手に蠢く肉の塊を無視するか […]

  

HIBIKI column vol.4

毎年毎年どこからかショーの依頼が入るのは本当に有難いこと。 同時にプレッシャーもありますが・・・ いつも思うことは、「今まで見たことのない事をしてやろう」って事 […]

  

HIBIKI column vol.3

今回は先日久しぶりに行われたプレイパーティーについてお話ししましょう。 昔は半年に1度定期的に行われてたプレイパーティ「美悦辱」 今だから言えるけど、某有名ホテ […]

  

HIBIKI column vol.12

ここは世界でも有数の石油の国。
今回のギャランティーは“ガロン”で支給かな(笑)
ここ最近、意外な国からの依頼が多い。
そして彼らは非常に「日本」という国にあこがれを持ち、片言の日本語をしゃべる。
Oh my Dear!! と日本語で言いたくて「アナダー!!(アナタ)」と叫ばれた時には笑ってしまった。
でもね、SMを愛する気持ちは同じ。
ただ宗教観が違うので、それで背徳のポイントが少々違う。
それだけ。
人間だものね。

さてさて、そのとても戒律の厳しい国の彼は、この卑猥な女体を持つ変態嗜好の女の何をもって神をいうのだろう?
頬をたたき、唾を吐く、鞭で叩き、蝋を垂らす。
反応を見ながら私は笑みを浮かべる。

ビョウのついたグローブで玉を握った時彼は悲鳴を上げた。
私はそのままカウントする。
見素晴らしくなったイチモツに難癖をつけ私は言う。
「私が気に入らないのか、オマエがダメなのか?」
異国の奴隷は少し考え答える。
「僕がイケナイ」
私は笑顔で続ける
「そうよね。オマエが悪い。だから罰を与える」

外に音が漏れないように、私は鞭ではなく蹴りを与える。
鈍い音に鈍いうめき声。
私は、10を数えると彼を抱き寄せ、ひざまくらのような形で彼の頭を撫ぜた。
プレイが終わった後、体のあちこちを触り、余韻に浸る彼に私は言った。
「大丈夫?」
彼は笑顔で言う。
「大丈夫だよ。最初のプレイの時は互いに緊張してるだろ?
だから大げさにリアクションして女王にプレイしやすく配慮するんだよ」
オイっ!、日本のM男と同じこと言ってんじゃねーよ(笑)
「もちろん私もよ。だからあなたを抱きしめたでしょ?」
私も彼に負けじと自分なりのホスピタイティを言う。
すると
「うん、あれは初めてだった。なぜだかわからないけど涙が出そうになった。
でも泣いたらダメだって我慢したんだ。あれは究極のリラックスだね」

国を超えて、人種を超えて通じるもの・・・
それはSMって枠を超えて、愛なんだと思う。